ふくらはぎが痩せる歩き方と細くなる歩き方

ふくらはぎが痩せる歩き方

ふくらはぎだけが妙に太くなってしまって悩んでいる人、かなり多くいると思います。

ふくらはぎが太くなるのは、学生時代に運動部に入っていたら、と説明しているところもあるようですが、それはあまり関係がありません。

なぜなら、社会に出るようになってかも、いつの間にかふくらはぎが太くなっていた……と悩んでいる人もいるからです。

それには歩き方が関係しているかもしれません。

ふくらはぎが太くなってしまう原因とは?

ふくらはぎが太くなってしまう原因には、大きく分けて二通りあります。

 

一つはむくみが原因のケース、もう一つは歩き方などが原因のケースです。

むくみが原因になっている場合、栄養不足、運動不足からくる血行不良が考えられますので、エクササイズを取り入れたりマッサージをしたりするうちに解消していることもあります。

一方で歩き方などが原因は、筋肉のつき方がアンバランスであることが考えられます。

これに関わっているのは、普段の姿勢や骨格の歪みなどです。

即効性ふくらはぎ痩せ 短期間で出来るふくらはぎダイエット

 

姿勢が悪かったり骨格が歪んでいたりすると、それを補正するために腰より下の筋肉に負荷がかかることになります。

また、歩くときに足を接地させる重心がズレてしまうので、足の裏からふくらはぎにかけてアンバランスに負荷がかかってしまい、外側に向けて筋肉が発達してしまうことがあります。

 

正しく歩くことでふくらはぎが痩せる

できるだけ正しい歩き方を心がけていくと、アンバランスだった負荷が修正され、バランス良く筋肉がついていくので、自然とほっそりしたふくらはぎになっていきます。

 

正しい姿勢を取るだけでも、重心が修正されて筋肉のつき方が変わってくるので、変化を実感することができるでしょう。

 

重要なのは、体重を支えている下半身に正しく負荷をかけるようにすることです。

 

姿勢が悪いと骨格の歪みにもつながりますので、まずは正しい姿勢を取ることから始めてみるのも良いかもしれません。

これでほっそりふくらはぎをゲット! 正しい歩き方

ふくらはぎが痩せる歩き方を紹介していきます。
あまり難しいことはありません。

意識をどのように持つかがポイントです。

 

姿勢を保つときは、自分が頭から糸で引っ張られているのをイメージしてください。

 

背筋が伸びて、重心が少し後ろになったのを感じませんか?

そうであれば、それだけ猫背であったということです。

 

あまり変化を感じない人は、肩で胸を広げて見ましょう。

そうするとお腹の内部に自然と力が入るのを感じるはずです。

筋肉質なふくらはぎ痩せ ししゃも足を美脚に変える方法

 

次に歩き方です。

ふくらはぎが太くなっている人の多くは、足を接地させるときに、かかととつま先を同時に接地させていることがあります。

これはヒールが高い靴を履いている影響も考えられますが、この歩き方は、ふくらはぎにも負荷をかけますが、膝関節にも相当な負荷をかける歩き方です。

今は問題なくても、いずれ痛みがはしるようになるかもしれませんので、正しい歩き方を覚えておきましょう。

 

歩くときは、正しい姿勢を保ったままで、かかと、足の裏、つま先の順に足を地面につけるよう意識することがポイントです。

 

歩幅を広く取ったり早足になったりしないよう注意してください。

歩幅の広さや早足もふくらはぎを太くする原因になります。

 

まとめ

いかがでしたか?

原因に心当たりがあるなら、すぐに修正していくようにしましょう。

 

正しい姿勢を保ちながら、かかと、足の裏、つま先と意識して歩くだけで、ふくらはぎが痩せる効果が期待できますし、骨格の歪みも矯正していくことができます。

 

しかし時間がかかりますので、のんびりと構えてください。

あまりせっかちに結果を求めてしまうと逆効果になってしまいます。

散歩気分で楽しみながら、行なうと、意外とあっという間にほっそり脚になっているかもしれません。

 

大根足の解消法にはこちらは効果的です。

ふくらはぎの外側を痩せる方法 大根足の解消法4選

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP